【王さまレストラン】から学ぶ 基本の大切さ

こんにちは uncatのかおるさんです

本日も朗読をしてみました。
https://youtu.be/_qK1zAzh6Gw

この絵本は「ぼくは王さま」という、今は絶版になっている絵本のシリーズ化されたものです。
この王さま、設定が大人なのか子供なのか不明なとところではありますが
傍若無人に振る舞うあたりは世代を問わず、心にぐさっと来ることが多いんじゃないでしょうか?

このシリーズは目の付け所が沢山あって、それだけ発信性が高いのです。
気づきの多い絵本。
家族という最小の社会生活から 始めて他人とのふれあいの中で相手を思いやるということ。
自分がこれでいいんだ!と強く思っていても、他人の思いは全く違うということ。
昔自分を守っていてくれた役職などはその職場から離れれば昔の栄光でなんの効力もないこと。

子供の頃に読んだ時よりも、大人になって読んだこの本はパンチが効いていて
かなり心に響いたな。

今回はレストランということでお料理のお話
そこに焦点を当ててみました。

お料理ということでかおるさんのレシピの紹介
https://note.mu/uncat/m/md990dacb309d

王さま きっと自分は偉いのでみんな美味しい~!って食べてくれると思ったんですね(笑)
でも、まずいお料理は誰も食べたがらない。
そりゃそうです。
王さまはお料理なんてしたことがないのですから。

お料理もそうですけれど、なんでも基本というのがあるんです。
それと、もう一つ大事なことを教えましょうか?
基本がわかってるだけじゃ、絶対にうまくいかないこと。
これはお料理の世界だけでは無いですよ。どの世界にも通用します。

お料理だけでなく投資でもコンサルでも通用する大事なこと
【待つべき時に待つ】

これは成功の秘訣です。

話がそれましたね~w
今回はへびさんが基本を教えるために一役買いましたけれど
実際の世界だとあれはコンサルや先生のお仕事に当たりますね。
上手に基本を教える。
王さまは最初から応用をやろうと思ったんでしょうね。
実際の世界でも応用を一生懸命伝言して、教えている気持ちになっている方が多いと見受けられますが
それじゃ~人は育たない。
基本の叩き込み(私的言い方だと【土台屋】って言ってます)
これが出来る人はなかなかいないんですよね。

王さまシリーズ
読む人の心がどこにあるかでかなり焦点も変わってくる絵本です
是非 今 自分が何に焦点があっているのかを確かめるためにも読んで欲しい一冊です。

かおるさんと個別でやり取りしてみたい方は↓
ゆるいLINE@です
http://line.me/ti/p/%40soh5725a

趣味とたまにの日常はinsta↓
犬と猫とのんびり暮らしたいです
http://instagram.com/kao.rururu32

Twitterでは気がついたことをつぶやいています。
https://twitter.com/@kaorururu32

癒やされるけれど勉強になる動画はこちら↓
チャンネル登録してくださいね☆
https://www.youtube.com/channel/UCGqE1aCdynASEgeWyxdJwgA