◎【自分のメンタルを守るために。ギクシャクしがちな人間関係にも役立ちます】

こんにちは uncatのかおるさんです

今日は自分自身を守るために、について話していきますね
目に見えないものから自分を守る。
相手のネガティブな気持ちから自分を守るんです。
自分の心が壊れてしまったら 他人を占っている場合じゃないです。
独りで悩んで折角たどり着いた職業なのに、自分が壊れてしまってリタイアを選ぶ方も多いので、大事な内容です

私が病院で13年。教育の現場で5年
独特の世界観が強い世界を体験して身を置いているものとして、そこから見えてきたもの。
相手との距離感が解らなくて、自分が独特の世界にかなり強い力で引き込まれてしまっていく人が多いこと。

どんなに好きな仕事につくことが出来ても、自分が独特の世界に行ってしまったら何にもならない。仕事なんて言っている場合じゃなくなってしまう。
休職しなくてはならなくなってしまった人。お髪が抜けてウイッグになってしまった人。
はたまたご自身が入院する側になってしまった人。そういう方を見てきて私は心が痛かったです。「どうしてもっと早く声をあげなかったの?」
きっと、引き込まれてしまった人は目の前の忙しさで、右も左も上も下も、自信の立ち位置がわからなくなってしまったんですね。

ここからは私の考えなので一般的な考えから外れているかもしれないです。合ってるか間違っているのかもわからないですけれど、これだけは間違っていないと私は確信しています。
自分のメンタルを守るためにしなくちゃいけないこと。
【相談に来てくれた方との距離感】はきちんととる。
何の距離感というと、心の距離感です。
相談者とここでは言っていますが、仲のいいお友達も入りますよ。
相談に来てくれた方とお食事なり、遊ぶなり、そういうのは自由でいいと思うのです。
楽しい話をしたり、人として色々な気付きも沢山あると思います。

ただし、そこで相談や悩みを聞かない
これは鉄則だと思います。もし持ちかけられてもやんわり流す。
相談や悩みを聞くのは私達のお商売の道具なんです。
大工さんに「ちょっと無料で家を建ててよ」と言わないでしょう?
商売道具はむやみやたらに自分からは披露しないで下さい。

私達が悩みを聞くのはお金との対価です。
友達だから、知っている人だから・・・と思わずに心をドライにして下さい。
人のネガティブな気持ちというのは、相談を聞く私達にとって、心も体も重くて負担のかかるものだからです。

では、相手との距離感を取るために何をしなくちゃいけないのか?
自分を守るための装備の一つとして、一つの占いだけを学び続けるのは危険かもしれないと感じています。それに加え、色々な心理学例えば、人相学や、筆跡検定などを織り交ぜて、なるべく相手の話を聞かずに相手の状態を先読みして、こちらで情報として取り入れる。
相手の性格や、精神状態、必ず内面を映し出す情報が見えるところに出てきているので、一つの占いだけでなく、占星術だったり易であったり、占いの方法は数知れずありますよね。
そういうモノをアレンジしていきながら上手に相談者との距離を取っていくのです。

実体験でこうしたらいい。
そういうのは解っていても、抽象的な世界なので言葉で表現するのが難しいです。
このカテゴリーも心理学などの勉強などをしていて進行形なので
随時UPしていきますので更新した際は一報入れますね

かおるさんと個別でやり取りしてみたい方は↓
ゆるいLINE@です
http://line.me/ti/p/%40soh5725a

趣味とたまにの日常はinsta↓
犬と猫とのんびり暮らしたいです
http://instagram.com/kao.rururu32

Twitterでは気がついたことをつぶやいています。
https://twitter.com/@kaorururu32

癒やされるけれど勉強になる動画はこちら↓
チャンネル登録してくださいね☆
https://www.youtube.com/channel/UCGqE1aCdynASEgeWyxdJwgA