◎30-40代での悩み【子育てって永遠なんです】

こんにちは uncatのかおるさんです

 

今日は子育てって大変なんです。って事を体験したのでお話したいと思います。

 

私には子供いないので、職場&妹の子供達(甥2人)と関わる中で、第三者目線で一呼吸置けるので「お気楽な~」と言われても仕方ないのですが、

それにしても 世の中のお父さん・お母さんは大変なんだと肌で感じております

 

これに関しては30-40代と題名でありますが20-60代まで年齢層を広げて良いのかもしれません。【子供は何歳になっても子供】【いくつになっても子供への悩みはつきない】からです。

子供の小さいうちはトラブルの回数は多いけれど、金額が少額で済むけれど

子供の年齢が上がってくると・・・トラブルの回数は減るけれど、金額が増えていく

 

ここの金額が増えていくというのはトラブルで謝りに行く時に持っていく菓子よりですとか、弁償の金額のことですね。

思わず納得してしまった言葉でした。

 

遊ぶ道具だってそう。

ペットボトルや新聞紙・牛乳パック。

家で探せばありそうな材料で済まされずにゲーム機やらそれに伴うソフトなど・・・

勉学の面だって学校だけでは足りずに塾や習い事~!

それに付随してくる送り迎え

 

当たり前のようで生活で大事な家事全般

自分が食べたくなくても子供のためにやらなくては。

 

お父さん!お母さん!休んでますか!?!?

 

おじい様やおばあ様の応援部隊がいらっしゃれば少しは自身の時間も取れそうですけれども、核家族で切り盛りしているご家庭は時間的にかなり大変ですよね

 

みなさんのお話を聞いていると、兄弟姉妹で高校・大学と被さってくる年齢のあたりが将来的にも金銭的にも時間的にも全てにおいてメンタルに突き刺さってくる大変さで、将来大丈夫なんだろうか?

「あのね。送り迎えしてね、子供が塾や習い事をしている時に車の中で待っている時間が私の時間なの。その時間しか一人になれないかも」

塾や習い事なんて子供が一人で通うものだと思っていたのですが、年齢が上がるに連れ終わりの時間も遅くなるので送り迎えじゃないと追いつかないんだそうです。

心が締め付けられるエピソードを聞いてしまい、ここで一緒に御飯を食べている時間がとても貴重な時間なんだ。と思い知らされたことを思い出します

 

それに加え30-40代で体が変わっていく中でhttps://un-cat.com/mind-15  自身の不安もありイライラを思春期の多感な子供にぶつけてしまいこの時期をこじらせてしまったなどと言う方もいらっしゃいました。

【子供が何を考えているのかわからない】

自分も通って来たはずの思春期だって、大人になればわからなくなります

子供の【ほっといて】の意味だって

もっとかまって欲しいと本当にほっといて欲しいの二種類がありますものね。

親だと子供と近すぎて見えなくなってしまう感情

 

親だから・我が子だから言わなくてもわかってくれるだろう

距離感の難しい時。

言わなきゃ。行動に現さなきゃ何にも通じないというのを早めに気がつけた人が乗り越えるのも早いのかな?と思います。

 

車の中。

子供が何があったか話してくれなかったら、親から自分の一日を子供に言うというのも良いかもしれないですよね。

お母さんね・お父さんね~仕事でこういう事があったんだよね。こういう話をしたんだよね。そして子供には聞かない。喋りたくなれば子供からお話してくれますから(^^)

 

思いついただけでもこれだけの事がサラッと出てきますよね

大変だと思うこと。

実際にはもっと細かくてデリケートな悩みをお聞きしているけれど、ちょっと記事には出来ないと判断したのでここには書きません。

 

もし悩みで辛いことがありましたら、私に出来る範囲でご相談に乗らせていただきますね

かおるさんと個別でやり取りしてみたい方は↓
ゆるいLINE@です
http://line.me/ti/p/%40soh5725a

趣味とたまにの日常はinsta↓
犬と猫とのんびり暮らしたいです
http://instagram.com/kao.rururu32

Twitterでは気がついたことをつぶやいています。
https://twitter.com/@kaorururu32

癒やされるけれど勉強になる動画はこちら↓
チャンネル登録してくださいね☆
https://www.youtube.com/channel/UCGqE1aCdynASEgeWyxdJwgA